ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古の樹世界.4 国家発展
 今日はベルアイルの国政の要、国家発展について紹介したいと思います。

 この国家発展のシステムは「プレイヤーによるアップデート」とも言えるもので、国民が一致団結して国家を発展させる事でより楽しめるように考えられていたシステムです。
 しかし、それだけではなく昨今のMMORPGの構造問題の一つ、蓄積による格差問題を真面目に解決しようと試行錯誤した末に作られた物だったと私は考えています。
 同時に国家貢献という社会責任を迫られるこのシステムは、プレイヤー同士のコミニュティにとっても大きな意味を持っていたのです。
 ベルアイルの売りの一つに「アイテムの価値が低い」というものがありました。
 しかしこれだけでは「お金を貯めても使い道が無い為にすぐに飽きてしまう」「供給が需要を上回った時に生産職が生活できない」という問題が起こります。
 そこで考えられていたものが「献上による国家発展」という新しい仕組みでした。
 国家そのものを所属プレイヤー全員の共有財産と設定し、国家が指定した物資を国民が献上することで技術が発展し、新しい物が作れるようになる…という仕様でした。
 発展させる項目は政治と経済の部分に分かれており、さらに細分化されていました。
 そこに季節毎に指定された品物を次々と献上する事によって発展率が上昇していき、年明けまでに100%を超えた部門3つまでが1レベル発展する仕様でした。
 発展した部門によって街の施設が便利になったりお店が増えたり、工房が増えたり拡張されたり、あたらしいレシピによってより珍しいより便利なアイテムが作れるようになるのです。
 特にレシピの追加は新しい需要が莫大に掘り起こされる為、生産職はその商品を売るために、戦闘職は新たな武具を試したいが為に、新たなやる気を得る事になります。
 また、それは同時に古いアイテムが出回って硬直してしまった市場に、新たな生産者にも参入のチャンスを与える…という優れた仕様でした。
 他ゲームではこういった事は大きなアップデートを行う時くらいしか起こらない現象でしたが、ベルアイルではそれをプレイヤー達の努力と協力によって引き出す事ができたのです。

 しかし、このシステムは発展の為に協力したものにもしなかった者にも公平に結果が与えられた為に理不尽さを感じさせるものがありました。それがプレイヤー同士の強制や反発を呼んでいたのも事実です。
 ですがこの仕様そのものが実は「そこまで読んでいた」システムであったと私は考えます。
 これは国家…というよりプレイヤーコミニュティに社会的貢献をしたものにシステムから恩賞が与えられ、同時に社会的責務に協力したと認められる事によって他プレイヤーからも仲間として受け入れられるという集団心理をも考慮されていたと考えます。
 国家発展そのものが3国の競争であり国際市場における後の有利不利が決まる為、所属している国民全体が一つの運命共同体でした。
 「国家が最も重要な共通財産」であるにも関わらず、国の一大事に自分だけは協力もせず、良い結果だけを欲し、私利私欲のままに行動される方々もいなかったわけでもありません。そいうった方は個人で使うにはもてあます財産を手にしたあげく、同じ国民に仲間としても認めてもらえなかった為に孤立し、早々に飽きて辞めていった方が多かったようです。極浅い上辺だけの世界しか見ることが出来なかった彼らには、ベルアイルは相当に「底の浅いゲーム」に見えた事でしょう。
 結果的に獲物の奪い合いなどの過当な競争を好む自己中心的なプレイヤーを減少させ、殺伐とした雰囲気にならない方向にうながす救済システムであったとも考えます。
 しかしながら、だからといって献上の活動に参加できない事が即座に非国民扱いされるわけではありません。可能なとき、少ない時間でも良いので自分の出来る範囲で国の為に奉仕する。今は出来ない時であっても後の機会に参加する。そういった心がけが国民にとって必要不可欠なのです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こん・・ノ ブログ開設おめ~
ほかさんの処から飛んできました。綺麗にまとめてくれてます。私もそれが言いたかった⊃T。トラバ宜しくです^^ノ
sayori | URL | 2006/03/22/Wed 00:54[EDIT]
あり?蹴られたかしら?
伝言です~
カルガのあねさんから、フエィズ1受かったのでビーストキャップ作成よろしくだだそうです。

こちらは私から、Nalciseさんがカルガでギルドを立ち上げるそうなのですが、理念や考えからなどが私やリィナリア姉に近いと思うんです。

RF継続予定のアイスさんに2つのゲームでギルドを管理してもらうのも辛いと思うので、あちらに協力することはできないかなぁと思うのですがいかがでしょうかね?他のメンバーにも伝えてもらえると助かります。
Azumarin | URL | 2006/03/22/Wed 06:18[EDIT]
ブログ開設 お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!
足跡残しておきますね ^^
ジークフリード | URL | 2006/03/22/Wed 09:13[EDIT]
ふぅんw
ベルアイルを殺伐とさせたいと思ってるけど、何か悪い?
狩場独占、ダンジョンで進路妨害魔法を利用したMPK、ギルド詐欺などを計画中。
国家間戦争では敵国人にありとあらゆる嫌がらせをして楽しみたいね。
最近は人を信用させてから裏切るというのにハマってる。
ソーシャルエンジニアリングっていう立派な呼び名もついてるんだが、
人間心理が絡むのがオンラインゲームのウリなんだからそういう楽しみ方もアリだろ。

どうも腑に落ちない点が、UOやRFのような「殺し合い」「奪い合い」「弱肉強食」が当たり前の世界に生きてきた人間が、なぜベルアイルに「まったり」「協力」「暖かさ」を求めるのか理解できない。端的に言うと「偽善者」が多いんだよね。
「ベルアイルは殺伐目的のゲームじゃないから」とか言い出す奴もいるんだろうけど、どこにもそんなルールは無い。殺伐目的のコミュニティを作ろうが個人の自由。
そもそも、何が「楽しい」と感じるかは、ロールの問題ではなく、プレイヤーの人間性に根ざしているんだから、そうコロコロ変わるモンじゃないのだが。
例えばあるゲームでPKerやってる人は本能的に「他人を蹂躙して優越感を得ること」が好きなんだし。

何でこんな事いうのかわかる?
雑貨屋さんをいじめたいわけじゃないのよ。
嫌なら返事は書かなくても別にいいけどね。ただ消さずに残しておいて。
Sa | URL | 2006/03/22/Wed 12:20[EDIT]
>>Azumarinさん
 あねさんって、以前は雑貨屋さんをやってませんでした?
 今回は雑貨屋さんやらないのでしょうかね。
 でもビーストキャップってかなり難しいですよ。10日じゃ無理かもしれません。
 ナルさんのギルド理念みてきましたけど、とっても私の理念に近いですね。
 ちょっと考えてみますけれど、私が入ると迷惑かけそうな気もしますけどねー。

>>ジークフリードさん
 お久しぶりです。
 足跡残してくださいまして、有り難う御座いました。
 ジークさんはまた戦闘職を目指すのでしょうか。
 ベルアイルでの世界でもよろしくお願いしますね。

>>Saさん
 Saさんこんにちは。
 何か悪い?と聞かれるのであれば「悪い!」と答えるしかないですね。
 だってゲーム内でそう思われたくて行動するのがSaさんの目的なのでしょう?
 それからどうしても突っ込みたかったのですが、その予定があるなら今はバラしてはダメでしょう。少し迂闊だと思いますよ。
 そんな事ではただ単に嫌がらせ好きを正当化する為に、適当な理由をとってくっつけているだけに見えますよ。
 仲良く平和に暮らしたいと思う方をげんなりさせるくらいの効果はあったと思いますけどね。
 悪人プレイをやりたいのでしたら「覚悟を決めて言い訳せず」「狡猾に鮮やかに」「誰もを唸らせて文句を言わせない」という格好良いプレイを目指して欲しいものです。

 それからこういった込み入った話題を行いたいのでしたら、ブログのコメントではすぐに流れてしまうので、リンクにあるBBSを利用してください。
 一月使わないと消えてしまうのでこの機会に是非協力お願いします。引用して私の意見も書いておきますので見てくださいね。
 消さずに残す件については了解しましたよ。
リィナリア | URL | 2006/03/22/Wed 20:51[EDIT]
>>sayori さん
大変失礼しました。返信が抜け落ちている事をいま思い出しました。
トラックバックを設定してみましたが、これであっていますか?
おっかなびっくりしながらブログをいじっていますので、もし間違っていたら連絡お願いしますね。
あとリンクも追加しておきましたのでよろしくお願いしますね。
リィナリア | URL | 2006/03/23/Thu 02:10[EDIT]
Track Back
TB*URL

実は、泣き処><。
(長くなったので分けました)実は、献上貧乏・・;Aが、{{{システム的にも決定的な泣き処}}}なのですが・・・ただ、BIは、良くも悪しくも“参加自由・自由意志”。ギルドに入らなくても献上しなくても、レシピは買えるし生産も冒険もできる。システム的に昇格判定を超える  [続きを読む]
sayori no わらしべ日記 2006/03/22/Wed 01:04
Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。