ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルドの仕様について思うこと
 ギルドの実装が早すぎ、作り易すぎるかも知れません。
 サービス開始当初からこの作りやすさで作れるのなら、新規で入ってきた人たち同士が充分な交流をおこなう前に、他ゲームなりBBSなりのベルアイル外で作られたコミニュティだけで集まってしまい、閉鎖的な社会となってしまう事が予想されます。
 また、安易に作成できる事からギルドマスターに対する責任感が育ちにくく、例えばギルド名をつける為だけに作られるような個人ギルドが乱立する可能性が高いと思われます。
 ギルドの社会的役割や概念からするとこの様な状態は望ましくないと思われますので、オープンβ時には、閉鎖的なコミニュティ促進や少数乱立を避ける方向で「充分な交流に必要な猶予時間を運営側から設定し、かつギルドの制作難易度を上げる」仕様に変更した方が良いと思われます。
 先日数人で話しました所、ギルドの設立にはミッション形式が良いという意見が出ました。この意見を進めるならば、PT専用ミッションとして3国の大臣に申請を行うような責任感と連帯感を深める形での申請を行うべきだと思います。同時にこの方式ならば各国家公認のギルドとしての意味合いも出来るので一石二鳥と思われます。
 また、同様にギルド掲示板やギルド倉庫の拡張においても、それぞれギルド専用ミッションとして設定する事により、ちょっとしたギルドイベントを通して連帯感を深められるような作りとなると思われます。

 以上、要望で送った文章に加筆修正を行って。
スポンサーサイト
Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。