ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風車のミステリー
 こんばんは、リィナリアです。
 まったく更新が無い公式ページですが、せめて「クローズβは終了しました」の告知は欲しい所ですね。ちょっと興味が湧いた方が見に来ても、判断に非常に困るような公式だと思います。

 さて、今日の小話は風車についてです。
 カルガレオン城を出てテーベを北西に向けて進むと、崖っぷちの場所に大きな風車が立っています。
 そもそも風車とは、オランダのように水位が低い所から堤防の外に水をくみ上げたりと風を動力としてさまざまな仕事をさせる物なのですが…。
 …崖っぷちに立ってるので非常に風は強そうなのですが、これって何の為に立ってるのでしょうか?
 周囲に川などの水は無いので、大量の水をくみ上げているとは考えにくいですし、動力を生かすにしても街からは非常に遠く、わざわざ麦の粉などを轢くにしては不便ですね。
 何らかの目的で立ってるのだとは思うのですが、さらには中はオークだらけです。
 彼らが風車を建てたとは考えにくいのですが、もしかするとベルアイルのオークは非常に賢いのかもしれませんから分かりません。コマンダーの鎧などが彼らによって作られたなら、なかなかの技術の持ち主なのでしょうからね。
 この風車、中に入ってみると大きな歯車などあってやはり大型の何かの動力として使われているっぽいのです。しかし考えてみると、そんな何らかの大きな目的を持った重要施設がカルガレオンにとっては敵であるオークが占領してるって…実は、かなーり危険な状態なのではないでしょうか。
 動力が何に使われているのか、想像するだけで怖くなってきました。
 私は知らないですが、カルガレオンの風車について詳しい設定をご存じの方、いらっしゃらないでしょうか?
 このままでは夜も眠れなくなりそうです。
スポンサーサイト
Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。