ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

If ベルアイル
 ベルアイルの基礎テーマを戦闘においたらどうなるか実験で推測してみましょう。
 ここから書く記事は一旦新ベルアイルを忘れ、 旧ベルアイルを下敷きとした戦闘主体ゲームに作り替えた場合の推測お話です。
 よくアイスさん達と遊んでいる妄想遊びと同じであり、決して新ベルアイルの仕様がそうなっているというわけではありませんのでご注意を。
 ただし、推測に当たっては新ベルアイルを知っている以上、ある程度影響を受けているのはやむを得ないと思ってください。

・悪鬼襲来・デモニカスレイヤー達よ立ち上がれ!
 Ifベルアイルを「デモニカを倒す事を目的とした年代記MMORPG」と定義するならば最大の問題点は「システムがスキル制」である事です。
 スキル制はあくまでも「人間の手に負えないような敵には基本的に勝てない」という日常生活レベルのキャラクターが作れるシステムであり、ドラゴンボールのような超人を育てていくLv+職業制とはまったく趣が違うからです。
 ただ他のゲームとちがって旧ベルアイルにはステータスが有りましたので、「ステータス偏重スキル追従型」としてバランス調整を行えば、さほど仕様を変えずに戦闘仕様にする事ができるでしょう。
 ステータスは基本的に上がりやすく、スキル値が低くてもステータスが高ければ充分な効果を発揮し、スキルそのものはスペシャルアタック(二次スキル)やアイテムの装備制限のみに使われるようになります。
 それでも足りない場合はアイテムで戦闘能力に下駄を履かせます。
 強化した超アイテムのフル装備+特殊効果のある消耗品でデモニカをまっぷたつにするようなゲームとする事も可能でしょう。
 さらにそれでも足りなくなったら、最後の手段は自身の力ではなく召還術で超存在(例:幻獣、大精霊、天使や悪魔、戦闘ロボット)を使役したり憑依させたりして戦わせる事によって、パワーインフレを発生させる事が可能です。
 また、士官を高ステータス必須とする事で、あたかも職業+Lv制の二次転職のような能力の変化を出すことも可能です。
 士官を遂げたキャラクターは追加レシピや新アイテムの効果によって、大幅に戦闘能力が上がるでしょう。さらにはセクトによって獣化なのどの特殊能力を与えるような仕様も期待できます。
 そして行き着く最高の状態になったときに知る真実…。
 例えば、最高の召還術が「アバグ召還」であったり、最高装備に身を包んだ上で憑依スキルを使って変化した姿がデモニカそっくりだったりしたら…それはかなりのショックをプレイヤーに与える事ができるのではないでしょうか。

・職業分布
 職業分布は基本的に戦闘職主体となるため、ギルド内に多数の戦闘職+少数の生産職という状態となります。
 ギルド内での全支援体制が基本となるために、生産職はギルド内で必要なアイテムを基本無料で提供し生産職の育成はギルド全体でサポートする体制となるでしょう。
 フリーマーケットは無所属やおかかえ生産職を持てなかったギルドに対しての販売と、レアな戦利品の販売がメインになり、ギルド資産の獲得が主な目的となると思われます。
 フリーの戦闘職や生産職の方は、国に士官する以前に自らを雇ってくれるギルドを見つける事が先決課題となると思われます。

・社会概念
 すべての最優先事項は「デモニカに勝つこと」ですから、プレイヤーによる社会目的は「デモニカと戦っていずれは地上を取り返す戦士達をサポートする為のもの」となります。
 ですからデモニカ戦で散財をしたくない戦士やデモニカと決して戦わないと宣言する戦士などが出ると、サポート主体の社会システムからは次第に排除されていく仕組みとなっていくでしょう。
 やがてデモニカに対しての勝利が見えてくると、こんどはデモニカ討伐後のデモニカスレイヤー達による社会不安をテーマにする事すらできます。

・国家戦闘と国家発展
 デモニカに勝つ事が至上命題であれば、戦争などをやっている暇はありません…がもし問答無用で国家レベルが上がるようなモノリスのようなものがあれば…話は別でしょう。
 アリアバート女王はデモニカの攻撃から自国の守りを固めるため、ボーダー王は総力でデモニカを倒す為、カルガレオン王は対デモニカ政策での国際的主導権を握る為、モノリス争奪戦が発生するかもしれません。
 しかもこのモノリスをデモニカ達も狙うとなれば、引き分ける事も不可能です。
 タイムリミットまでに決着が付かなければ膨大な数のデモニカが襲いかかる事になり、全プレイヤー達の敗北が決定します。
 このように国家発展が戦闘によるものにする事によって、RvRを活性化する事ができるでしょう。
 ただし、有利な国と不利な国の人数格差問題が出るのでこのあたりはうまく調整する必要があります。もっともデモニカに勝つ事が命題ですから、国家の勝敗はそれ主体のゲームよりも影響は薄いかもしれません。
 ただしPvPバランスについては、対デモニカ用装備やスキルが投入される為、とてもバランスが取れているとは言い難い状態になる事は確かです。

・世代交代
 先代には無かった新たな能力を獲得する為に行われるでしょう。
 デモニカ戦で戦利品として獲得した因子を選択して使ったりするのかもしれません。
 また、老化はキャラクター自体を時間制限のある消耗品とする為に設定するのかもしれません。
 時間を奪う攻撃をデモニカが行ってくる…というのも面白いですね。


まとめ
 想像してみてみるとそれなりに面白いとは思いますが、旧ベルアイルとは似ても似つかぬ別ゲームですね。
 少なくとも商品イメージは台無しになるので、これが「ベルアイルだ」なんて言ったら旧来からのファンに反発を受けかねません。
 私がプロデューサーならば新タイトルか副題をつけるなりして、商品イメージの一新をまず最優先で行うでしょう。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

> 想像してみてみるとそれなりに面白いとは思いますが
 全然面白くね~よ~。(TT)
 楽しいメンバーが集まったギルドと断腸の思いで別れを告げて引退し、移住してきたベルアイルが、また不毛な日々を続けるLv制ゲームに逆戻りだ(涙)。
 このifを読んでいて、「ああLv制にはもう戻れない体になったのねぇ」とひしひし感じるひと時でした。
Nalcise | URL | 2006/03/31/Fri 09:24[EDIT]
デモニカを倒す方法・・・国民上げての総力戦で良いんじゃナかな?デモやんが強すぎたから、様々なクラスのmobが揃った。デモやんを弱くする出なく、パワーインフレを起こすことなく、狩が出来るといいけど。まさか、デモと一対一の順番待ち^^;って事にはならないよね・・・orz
sayori | URL | 2006/03/31/Fri 11:44[EDIT]
これはねぇ。姉さんいいカンしてるかもしれない。
私も実は同じようなことを思っていました。現行の仕様だとそのような考え方もできるよね。(何より大陸ではウケやすそう。)

多かれ少なかれコンセプト多分変わってるんぢゃないかと思うんですよ。
各所の宣伝内容とかが「悪鬼(デモニカ)」によって奪われた大地を取り戻せ! 
純国産、正統派ファンタジーオンラインRPG『ベルアイル』」みたいに変わっていってるんだよねぇ。

幾分以前の「DNA継承MMO~の」キャッチコピーよりは魅力的かなぁ。

私は、戦闘要素が増えるのは特に悪くは無いとは思うんだけど、その代わり季節とか時の流れによって行われていた季節の風物(冬は、冬毛とか皮が増える)みたいなもんまでなくす必要はあるのかなと思ってしまうね。折角作ったのにうまく使わないのは投資の無駄になるはずなんだけどね。

とりあえずCβ2まちですかねぇ。
私はガーディアンというのがどんなモンなのかかなり疑問なだけど・・Petとかみたいにつれて歩くのか自分が乗り込んだり変身するのかねどうするつもりなんだろうね。

>Sayoriさん
デモニカは3国連合での総力戦で時々にって感じが私もいいと思うんですけどねぇ。

>Nalciseさん
なんとなく分かる・・私もひたすら狩りというか戦闘してLv上げるというのはもうお腹イッパイ。
Azumarin | URL | 2006/03/31/Fri 14:27[EDIT]
>>Nalciseさん
 私はまだLv+職業制ゲームでも楽しめる余裕はありますが、もしベルアイルが似たコンセプトに為るとファン心理としては嫌なものがありますよね。
 そのゲームを選ぶ選択基準として、コンセプトがあるわけですから。
 でも大丈夫ですよ。
 この記事はIfベルアイルであって、ベルアイルの事じゃありませんから。

>>sayoriさん
 そうですねー、Ifベルアイルではたぶんデモニカが1対1で倒せるようになった頃は地上に近いか地上そのものまで舞台が広がっているでしょうね。
 そしてそこに君臨する新たな脅威、デモニカロードとの対決が待っているわけです。
 デモニカロードはデモニカと比べものにならない程強いですよ。おそらくデモニカを倒せる人間でも集団でないと苦戦するでしょうね。
 でもデモニカロードもいつか倒されますよね、そうなったら次はデモニカオーバーロードが立ちふさがるわけです。
 以後の展開はそのまま繰り返し…これがドラゴンボール仕様ですね。
 でもご心配なく!
 この記事はIfベルアイルであって、ベルアイルの事じゃありませんから。

>>Azumarinさん
 まさしく現在はやりの量産型ですね。
 でもこのコンセプトでは並み居る他MMOとの勝負に勝てるかは疑問ですよね。
 他のゲームには無い魅力がベルアイルにはあったのですから、それを捨ててしまっては勝負以前に作品そのものの存在意義が問われるのではないでしょうかね。
 でも大丈夫ですよ。
 この記事はIfベルアイルであって、ベルアイルの事じゃありませんから。

>幾分以前の「DNA継承MMO~の」キャッチコピーよりは魅力的かなぁ。 
これはまったくもって同意します。
リィナリア | URL | 2006/03/31/Fri 23:39[EDIT]
Track Back
TB*URL

ベルアイルについて
ベルアイルベルアイル(BelleIsle)は、ヘッドロックが開発し、ELEVEN-UPが運営するオンラインゲームで、MMORPGに分類される。2006年5月25日から月額課金制で正式スタートしたが、2007年2月28日に基本プレイ無料のアイテム課金制に移行。特徴ゲームのおおまかなシステムはウ  [続きを読む]
オンラインRPGファン 2007/03/21/Wed 10:38
Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。