ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルアイルへようこそ!
 こんばんは、リィナリアです。
 連日公式が少しずつ動いてますが、以前音沙汰が無くて不安になっていた時期にくらべると目に見えて動きがあるので嬉しい所ですね。
 でも、公式の作りがまだまだ他のゲームと比べても見劣りしそうなので、是非頑張って欲しい所です。
 いまの状態では「ベルアイルってどんなゲーム?」と聞かれても「公式を見ればわかりますよ」とはあまり言えませんよね。

 という事で、今日の話題はまさにそれを扱ってみたいと思います。
 私の主観による所も多いので、つっこみやフォローなどありましたらよろしくお願いしますね。

ベルアイルとはどんなゲーム?
 ファンタジー世界での生活感を重視した旧ベルアイルを、一年かけて一般向けに作り直されたゲームです。旧作とは方向性が違うために、旧作ファンからは新ベルアイルとも呼ばれています。
 地上世界をデモニカという人類の敵から追われた人類が、エルフの魔法によって地表の一部を木の上に押し上げた北海道ほどの大きさの世界「ベルアイル」で今日を生きるために頑張るゲームです。
 生産・戦闘・探索の3本の柱をメインとして、それらを互いに関係させた作りになっており、ゲーム内のプレイヤーはデモニカの存在から国を守りつつ、人類の生きるすべを探して世界を探索するといった役割を持ちます。
 他ゲームにない大きな特徴としては、時間の概念を持ち、季節と年月があります。
 特定のマップでは季節によって大きく景観が変わり、キャラクターは年月と共に歳をとり、やがて老いていきます。年代記のようにキャラクターを世代交代させる事も楽しみとして作られているようです。

参考
旧ベルアイル・トレイラームービー
http://www.4gamer.net/news/history/2005.03/20050322204719detail.html

こんな方にお勧め
・誰かを守りたい方
 ベルアイルの世界は人類の敵、デモニカに脅かされています。
 誰かが盾となって守らなければ、街は攻撃されて甚大な被害をうけてしまいます。
 何度死んだとしても誰かの為に戦いたい…という方にはデモニカ戦で是非頑張って欲しい所です。

・生産を楽しみたい方
 多種多様なアイテムを生産可能な上、発展によってさらにレシピが増えます。
 もともとが生活重視のワールドシミュレーター型ゲームだっただけに、採取から製造までを充分に楽しむ事ができます。ただし、特定の工房に材料を持って入ってボタンを押すだけの生産の為、他ゲームの生産に比べると若干物足りないと感じるかもしれません。

・魔法を詠唱してみたい方
 魔法は呪文を入力する形が採用されており、あたかも呪文を詠唱している気分を味わう事ができます。このシステムを採用している為に若干魔法は使いづらくはありますが、魔法使いをやっている気分にはなれると思われます。

・世界を探求したい方
 ベルアイルの世界ではさまざまな謎が設定されているようです。
 旅を行い、NPCから話を聞き出し、ダンジョンの仕掛けを解くような冒険者としての楽しみ方がベルアイルではできるようです。

・みんなと何かを作り上げたい方
 国家に士官する事によって、献上によって国家の発展を行う事が出来ます。
 共同で国を作っていくような事が好きな方には向いているでしょう。

お勧めできない方
・狩りや戦闘が大好きな方
 戦闘面の要素は他ゲームに比べて弱いと判断なさっている方が多いようなので、戦闘そのものを楽しみたい方にはあまり期待に沿えないかもしれません。
 特にその理由として上げられる理由に、ベルアイルの戦闘は行動にやや時間がかかる方式をとっている事があげられます。
 また、対人戦は同意の上においてのみ可能な模擬戦しかありませんのでPKは不可能です。旧ベルアイルでは国家戦も予定されていたようですが、現状においてはあまり期待できるようには思えません。

・ソロプレイが好きな方
 ステータス重視ではあるものの、スキル制を採用しているために一人で極められる事はかなり狭い範囲になります。ある程度の事を行おうと思うならばどうしても他人の協力が必要と為ってしまうでしょう。
 もっとも、遠出せずに出来る範囲で楽しみたいと割り切れば、強くなる必然性も無い為、ソロプレイでも充分楽しめる作りにはなっていると思います。

・レア集めが好きな方
 …あまり他ゲームで言うレアらしいものは少ないかもしれません。
 生産と強化によって「レアを作る」作りのように思えます。
 そのため、一定以上の蓄財はあまり意味が無いように思えます。
 (探索が進むと逆になる可能性はあります)

・ワールドシミュレーターを期待する方
 旧ベルアイルでは生活感重視の設計が行われていたのですが、まだ多少は残っているとはいえ、新設計になった段階でその多くの売りが削られてしまったようです。
 全体的なバランスもどちらかというと量産型MMOに近い作りになっているようです。
 家の実装も予定にはなく、今の段階では期待するのも難しいかもしれません。
 
 といった感じで簡単に紹介してみました。
 まだ他にあるかもしれませんが、私からの紹介はこのくらいにしておきますね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。