ヘッドロック社開発のMMORPGベルアイルを旅する日記です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな世界の冒険者達へ
 5日間に渡って私なりの解析を行った旧ベルアイルの仕様の紹介もひととおり終わりました。
 これからは新しいベルアイルの世界であり、古いベルアイルとはまた違った仕様や考え方が導入されていると思われます。
 これから話す事は旧ベルアイルプレイヤーとしての私の心残りであり、新たなベルアイルの世界で冒険達の生き方を選ぶ者達へ希望を託したいという私の想いであります。
 GMさん達が公表したにもかかわらず、旧ベルアイルテスター達の間でも半信半疑の情報がありました。
 それは「隠された地域やダンジョンがあり、そこにはまだ見ぬ生き物やモンスターが生息する」というものでした。
 多くの方が「それは嘘だろう。実装が間に合わなかった事の言い訳だ」と思っていました。
 ですが、その存在は生産のレシピや4gamer紹介のスクリーンショットの中に確かに存在していたものでした。

 βテスト最終日、GMに誰かが聞きました。

 「結局、未発見地域は本当にあったのですか?」

 おちゃらけながら答えたGMの回答は大体こういったものでした。

 「有ります。それがどこに有るかは教えられませんが、それを知るためにあなた方は完璧な調査を行いましたか?例えばNPCはその時の条件によって話す内容が変わったりもするのですよ。」

 …これは旧ベルアイルの世界で、探索を行っていた冒険者達全員が敗北したという宣言でした。
 スキル制システム、時間と季節、国家発展、そして完全には実装されなかった世代交代。
 ベルアイルは新旧それぞれのシステムを参考にしながら新しい試みを惜しみなく盛り込んでいました。
 しかし、旧ベルアイルのプレイヤー達は見落としてしまったのです。

 「ベルアイルには隠し要素として、冒険そのものが実装されている」ということを…

 新ベルアイルの世界で戦士でも生産者でも狩人でもなく、未知なる世界を目指して旅をする「冒険者」を目指す人たちに願います。
 今度こそ誰も見つけ出すことが出来なかった「未発見地域」に足を踏み入れてください。
 旧ベルアイルにて、隠された世界を見つけ出すことのかなわなかった私からのお願いでした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 大きな空の樹の上で. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。